Categories
1 John

1ヨハネ4:1-6

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた

1 愛する者たちよ。すべての霊を信じることはしないで、それらの霊が神から出たものであるかどうか、ためしなさい。多くのにせ預言者が世に出てきているからである。

「すべての霊を信じることはしない」世の中には様々な教えや考えが飛び交っているが、すべてが真理ではない。だから聞いたことをそのまま鵜呑みにせず、聖書と照らし合わせ、祈り聖霊に習うことによって、真理かどうかを判断する必要がある。前の章でも確認したように偽預言者は世の中にいて、教会の中からも出てきているのだから、一人ひとりが聖書を理解して神とつながることが重要になる。

2 あなたがたは、こうして神の霊を知るのである。すなわち、イエス・キリストが肉体をとってこられたことを告白する霊は、すべて神から出ているものであり、3 イエスを告白しない霊は、すべて神から出ているものではない。これは、反キリストの霊である。あなたがたは、それが来るとかねて聞いていたが、今やすでに世にきている。

ここで記されているテストは、イエス・キリストについて 1) 神から来ていて 2) 肉体をとってこられた、と告白しているかどうか。イエス・キリストは予言者だったが神から来ていなかったと言う人がいたのと、「神は霊である」ので、肉体を持ってこの世に現れるはずがないと言う人がいたからだ。でもイエス・キリストはたしかに神から来ていて、肉体をとってこられた。その理由は、人として私たちの罪の代価を払うためにこの世に来られたからだ。そして肉体をとることによって、私たちの罪との葛藤を理解してくださり、肉体の弱さを経験してくださり、哀れみと希望を与えて下さった。この愛を完璧に表したイエスを告白しない者は「神から出ているものではない。」

4 子たちよ。あなたがたは神から出た者であって、彼らにうち勝ったのである。あなたがたのうちにいますのは、世にある者よりも大いなる者なのである。5 彼らは世から出たものである。だから、彼らは世のことを語り、世も彼らの言うことを聞くのである。6 しかし、わたしたちは神から出たものである。神を知っている者は、わたしたちの言うことを聞き、神から出ない者は、わたしたちの言うことを聞かない。これによって、わたしたちは、真理の霊と迷いの霊との区別を知るのである。

もう一つのテストは、キリストの言うことを聞くかどうか。この世の者は、世のことを聞いてそれを語る。それはテレビや雑誌など、明らかに世の中に出回っているものだけでなく、聖書をないがいしろにして偉い人の言うことやその人が書いたものを聖書より上に置くことも含んでいる。だからキリストの教えることに反したことを語り、教会員を混乱させ、不必要なルールを制定し、リーダーへの服従を促す。一人ひとりが聖書を読んで語り合うことを進めず、それをする者を締め出す。このような「迷いの霊」を区別し、聖書に記されている真理を見出したい。

19 御霊を消してはいけない。20 預言を軽んじてはならない。21 すべてのものを識別して、良いものを守り、22 あらゆる種類の悪から遠ざかりなさい。

1テサロニケ5:19-22

Leave a Reply

Your email address will not be published.