Categories
Thessalonians

1テサロニケ4:1~10

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた。

'さて、兄弟たち、主イエスに結ばれた者としてわたしたちは更に願い、また勧めます。あなたがたは、神に喜ばれるためにどのように歩むべきかを、わたしたちから学びました。そして、現にそのように歩んでいますが、どうか、その歩みを今後も更に続けてください。 ' テサロニケの信徒への手紙一 4:1

「現にそのように歩んでいますが、その歩みを今後も更に続ける」イエスに結ばれた者として歩んでいることは素晴らしいこと。しかし、どれだけ成長してもこの世では成長しきることはない。なので歩み続けることは大事だし、「更に」(= mallon、以前より多く、優先的に)歩みを進めていくことも必要。日曜日だけに礼拝しているのであれば、平日にも礼拝することができる。聖書をただ通して読んでいるなら、読んだ内容を精査して書き出してみることができる。イエスとの歩みを更に進めるためには何ができるかを考えたい。

'わたしたちが主イエスによってどのように命令したか、あなたがたはよく知っているはずです。 ' テサロニケの信徒への手紙一 4:2

パウロたちは主イエスによって命令していた。パウロが聖霊によって書いた内容は神のことばであり、イエスのことばや命令を同等 (2テモテ3:16)。現代において聖書は完成された形で提供されているので、パウロのように命令出来る人はいない。信仰問答であっても、神学者が書いた本であっても、聖書に勝る書物は存在しない。全てに勝る完成された神のことばがあるのだから、聖書を読んで神からのメッセージ、イエスの命令を理解したい。

'実に、神の御心は、あなたがたが聖なる者となることです。すなわち、みだらな行いを避け、 おのおの汚れのない心と尊敬の念をもって妻と生活するように学ばねばならず、 神を知らない異邦人のように情欲におぼれてはならないのです。 このようなことで、兄弟を踏みつけたり、欺いたりしてはいけません。わたしたちが以前にも告げ、また厳しく戒めておいたように、主はこれらすべてのことについて罰をお与えになるからです。 ' テサロニケの信徒への手紙一 4:3-6

「このようなことで、兄弟を踏みつけたり、欺いたりしてはいけません」 どのような行いが兄弟を踏みつけたり、欺くのか?「みだらな行い」や「情欲におぼれる」こと。こういう行為は結局自分中心であることから始まる。自分の考えが正しくて、相手に理解させたい。相手の考えはどうでもよく、自分の背景や自分の主張を受け入れてほしい。こういう一方的なコミュニケーションも兄弟を踏みつけたり、欺く。

Leave a Reply

Your email address will not be published.