Categories
Philippians

ピリピ4:14~23

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた。

'また、テサロニケにいたときにも、あなたがたはわたしの窮乏を救おうとして、何度も物を送ってくれました。 ' フィリピの信徒への手紙 4:16

ピリピ教会は宣教師であるパウロの窮乏を把握し、何度も支援をした。教会は宣教師の活動実態と、どんな状況下にあって、何が必要なのかを把握しておくべき。衣食住の必要性はもちろん、子供の教育や、心のケアも重要。必要を把握した上でそれを支援する行動に移る。祈ることと献金をすることも大事だが、実際に物資を送ること、現地に会いに行って励ますこと。こういったことも教会の重要な役割。

'わたしはあらゆるものを受けており、豊かになっています。そちらからの贈り物をエパフロディトから受け取って満ち足りています。それは香ばしい香りであり、神が喜んで受けてくださるいけにえです。 ' フィリピの信徒への手紙 4:18

教会で、礼拝で捧げる献金が全てではない。宣教のために捧げられる献金や贈り物も「神が喜んで受け入れてくださるいけにえ」。宣教師にしたことも、イエスにしたこととみなされる。

まことに、あなたがたに言います。あなたがたが、こおれらのわたしの兄弟たち、それに最も小さい者たちの一人にしたこおとは、わたしにしたのです。 

マタイ25:40

初代教会では教会という一つの場所に献金を集めて、代表者が実際に宣教師のいるところに持っていき、身の回りの世話をすることが一般的だった。しかし、今日においては献金や贈り物をする方法は様々で、教会に集める必要性はなくなったし、神学的に教会が全てを管理する必要性はない。同時に、実際に宣教師に合うこと、宣教師のいる場所に行って手助けをすることの重要性も初代教会から学びたい。

'わたしの神は、御自分の栄光の富に応じて、キリスト・イエスによって、あなたがたに必要なものをすべて満たしてくださいます。 ' フィリピの信徒への手紙 4:19

神が「必要なものをすべて満たしてくださる」ことは常に覚えておきたい。それは金銭面かもしれないし、心理面かもしれない。しかし、これらが与えられなかったとしても神に満たされることも考えられる。キリスト者として成長する中で、これらの「必要」よりも神ご自身に満たされることが体験できる。聖書を読み思い巡らすことによって、神のみことばで満たされる。日々の生活の中で聖霊の働きを実感することに満たされる。永遠に向けて走り続けることに取り憑かれることによって満たされる。満たされることによって隣人を愛することが自然にできるようになる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.