Categories
Hosea

ホセア4

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた

1 イスラエルの人々よ、主の言葉を聞け。主はこの地に住む者と争われる。この地には真実がなく、愛情がなく、また神を知ることもないからである。

イスラエルは神を知らない状態だった。バアルを崇拝することによって、真実がなくなっていた。真の神を礼拝せず、全てを与えて下さった神に忠実ではなくなり、偽りをベースとした生き方をしていた。また、愛情もなくなっていた。真理から背くと自分が正しいと思った道だけを信じ、それ以外の考えを持つ人を否定し排除する。まさに2節にある「ただのろいと、偽りと、人殺しと、盗みと、姦淫することのみで、人々は皆荒れ狂い、殺害に殺害が続いている」状態。この状態に神の愛はない。

4 しかし、だれも争ってはならない、責めてはならない。祭司よ。わたしの争うのは、あなたと争うのだ。5 あなたは昼つまずき、預言者もまたあなたと共に夜つまずく。わたしはあなたの母を滅ぼす。6 わたしの民は知識がないために滅ぼされる。あなたは知識を捨てたゆえに、わたしもあなたを捨てて、わたしの祭司としない。あなたはあなたの神の律法を忘れたゆえに、わたしもまたあなたの子らを忘れる。7 彼らは大きくなるにしたがって、ますますわたしに罪を犯したゆえ、わたしは彼らの栄えを恥に変える。

イスラエルの民も罪を犯したが、神が最も責めていたのは祭司だった。彼らは民に神の律法の知識を与えなかった。ただ自分たちが正しいと思うことを教え、神のみことばを知るように促さなかった。教会においても、信徒に聖書の知識を与えないリーダーたちは神に責められる。人々が無知な状態を保ち、聖書を読むことを推奨せず、外で学ぶことを否定することによって、リーダーたちは信徒をコントロールすることができるかもしれない。しかし、それによって信徒は「知識がないために滅ぼされる」。このような指導者は、ヤコブ3:1にあるように、より重い裁きを受ける。

10 彼らは食べても飽くことなく、淫行をなしてもその数を増すことがない。彼らは主を捨てて、淫行を愛したからである。11 酒と新しい酒とは思慮を奪う。

バアルに与えられたと思われるものを食べ、宗教行事による性的行為をしてもイスラエルの人数は増えず弱小化していった。その理由は、神を捨てて、みことばを捨てて、しきたりやルールを愛したから。この生き方に満足し、現状に酔いしれることによって、思考能力が奪われていった。クリスチャンの生き方や教会生活においても、ある一定のことをやっているから正しく、満足しきって改善を求めないことは、現状に酔っているのと同じ。考えることを辞め、教わったことだけを守るようになってしまう。

5:15 わたしは彼らがその罪を認めて、わが顔をたずね求めるまで、わたしの所に帰っていよう。彼らは悩みによって、わたしを尋ね求めて言う
6:1「さあ、わたしたちは主に帰ろう。主はわたしたちをかき裂かれたが、またいやし、わたしたちを打たれたが、また包んでくださるからだ。2 主は、ふつかの後、わたしたちを生かし、三日目にわたしたちを立たせられる。わたしたちはみ前で生きる。3 わたしたちは主を知ろう、せつに主を知ることを求めよう。主はあしたの光のように必ず現れいで、冬の雨のように、わたしたちに臨み、春の雨のように地を潤される」。

こんな状態であっても、神はイスラエルが立ち返ることを望んでいる。立ち返れば、神は必ず癒して下さり、守って下さる。そして神は怒るのではなく対話してくださるようになり、どんな偶像が与えることができない潤しと満たしを与えて下さる。それを受けた人々は、神の前で生きるようになり、さらに神を深く知ることができ、自ら神を求めるようになる。神を知ることがさらなる潤しにつながり、満たされた人生となっていく。

Leave a Reply

Your email address will not be published.