Categories
Jude

霊によって祈る (ヤコブ20-21)

20 しかし、愛する者たちよ。あなたがたは、最も神聖な信仰の上に自らを築き上げ、聖霊によって祈り、21 神の愛の中に自らを保ち、永遠のいのちを目あてとして、わたしたちの主イエス・キリストのあわれみを待ち望みなさい。

20節にある「霊によって祈る」とはどういうことなのか?どのようにすれば「霊によって祈る」ことができるのだろうか?

それは、「聖霊が動き、導く力であるように祈る」ということです。ここでのキーワードは、「動かす」と「導く」です。つまり、聖霊によって祈るとき、神の霊があなたの祈りを「動かす」のです。聖霊があなたの祈りを動機づけ、可能にし、活力を与えてくださる方なのです。そして、聖霊で祈るとき、神の霊はあなたがどのように祈り、何のために祈るのかを「導いて」くださいます。ですから、聖霊によって祈るとは、祈りの中で聖霊に動かされ、導かれることです。私たちは、聖霊の力によって、聖霊の導きに従って祈ります。

John Piper, 参照箇所:エペソ6:18、ローマ8:26、ローマ8:15-16、ヤコブ4:3

聖霊に動かされ、導かれることについては、祈り以外のクリスチャンの歩みの場面でも見られる。

ガラテヤ5:16「御霊によって歩みなさい。」ローマ8:13「御霊によってからだの行いを殺す」。1コリント12:3「御霊によって・・・『イエスは主です』と言う」。ピリピ3:3「御霊によって礼拝し」。 これらすべてのことにおいて、私たちは何かをしなければなりません。しかし、私たちは、聖霊が私たちを通してそれらを行うような形で、それらを行わなければなりません。

人間の生活というのは、神が主権を持ち、私たちが責任を負うということです。私たちは行動します。私たちは行動する責任もあります。しかし、神は決定的な行為者なのです。私たちの行動は依存しています。ですから、「歩みなさい」(ガラテヤ5:16)、「罪と戦いなさい」(ローマ8:16)、「イエスの主権を告白しなさい」(1コリント12:3)、「礼拝しなさい」(ピリピ3:3)、「祈りなさい」(ユダ1:20)と言われるとき、私たちは「聖霊にあって」するように言われます。

John Piper

「霊によって」何かをすることのイメージがついたところで、「霊によって祈る」ことを実際にどうすれば良いか考えたい。まずは信仰について。

私たちが「聖霊によって」祈るのは、(贖いによって)キリストの十字架の上に立ち、聖霊による神の助けを信頼するときです。言い換えれば、聖霊の助けがなければ、自分が祈るべきことが祈れないことを認め、意識的に聖霊に頼って祈るとき、あなたは 「聖霊によって」祈っているのです。ですから、「どのようにして」という質問に対する最初の答えは、信仰によるものです。つまり、神があなたの祈りを助けるために聖霊を与えてくださると信じることです。

John Piper

これが聖霊に動かされて祈ること。次は聖霊に導かれて祈ることを考えたい。

「聖霊によって」祈るにはどうすればよいかという質問に対するもう一つの答えは、聖霊が霊感を与えた神の言葉にすべての祈りを一致させることです(2ペテロ1:21、2テモテ3:16-17)。ここで、毎日御言葉の中にいるようにという神の呼びかけと、いつでも聖霊で祈るようにという神の呼びかけが絡み合っています。もしあなたが神の御言葉の中で生活し、毎日読んで昼夜を問わず思い返し、一日中持ち歩くために暗記し、時間ごとに味わうなら、あなたの祈りは御言葉によって形作られます。つまり、御霊によって形作られるということです。

John Piper
上記はジョン・パイパーの提供しているサイトを引用している。
https://www.desiringgod.org/messages/learning-to-pray-in-the-spirit-and-the-word-part-2

Leave a Reply

Your email address will not be published.