Categories
Peter

1ペテロ4:12-19

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた

12 愛する者たちよ。あなたがたを試みるために降りかかって来る火のような試錬を、何か思いがけないことが起ったかのように驚きあやしむことなく、13 むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど、喜ぶがよい。

「キリスト・イエスにあって信心深く生きようとする者は、みな、迫害を受ける。」(2テモテ3:12) キリストのために生きれば迫害を受ける。これは驚くべきことではない。誰もが正しいことを主張し、伝統や文化に対して真理を語ると反発を受ける。世の中でも、教会の中でも同じ迫害を受けることがあるが、それに驚くのではなく、キリストの苦しみにあずかれることを喜ぶべき。

13 それは、キリストの栄光が現れる際に、よろこびにあふれるためである。14 キリストの名のためにそしられるなら、あなたがたはさいわいである。その時には、栄光の霊、神の霊が、あなたがたに宿るからである。

キリストが再臨すると全てが明らかになり、全てが正される。虐げた者は罰せられ、虐げられた者は報われる。最も、キリストの栄光を体験すると、キリストのためにした全てのことが、やったかいがあったと感じるようになる。だから生きている間、「飲むにも食べるにも、また何事をするにも、すべて神の栄光のためにすべきである。」(1コリント10:31)

16 しかし、クリスチャンとして苦しみを受けるのであれば、恥じることはない。かえって、この名によって神をあがめなさい。
19 だから、神の御旨に従って苦しみを受ける人々は、善をおこない、そして、真実であられる創造者に、自分のたましいをゆだねるがよい。

真理と違うと分かっていながら見過ごすのも神のみこころではない。むしろ罪である。「人が、なすべき善を知りながら行わなければ、それは彼にとって罪である。」(ヤコブ4:17) 神を愛しているなら善を行いたくなる。「神を愛してその戒めを行えば、それによってわたしたちは、神の子たちを愛していることを知るのである。神を愛するとは、すなわち、その戒めを守ることである。そして、その戒めはむずかしいものではない。」(1ヨハネ5:2-3) 

善を行うと、この世において苦しみにつながるかもしれない。しかしそれは神のためにやっている証拠なので、神をあがめるきっかけとなる。善を行う人、それを虐げる人、真理を守ろうとする人、それを捻じ曲げて自分の立場を守ろうとする人。すべてを治める神に自分のたましいを委ねて、やがてすべてを明らかにしてくださる主に信頼していきたい。

Leave a Reply

Your email address will not be published.