Categories
James

ヤコブ5:1-6

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた

4 見よ、あなたがたが労働者たちに畑の刈入れをさせながら、支払わずにいる賃銀が、叫んでいる。そして、刈入れをした人たちの叫び声が、すでに万軍の主の耳に達している。

ヤコブの時代、労働者に賃金が支払われないことが頻繁に起きていた。それは、富んでいる人たちが自分たちの富をさらに増やすことに溺れ、労働者のことを考えず賃金を支払わずにいた。当時、労働者は弱い立場にいたので、賃金が支払われなくても何もできなかった。そういった弱い立場の人たちの「叫び声が、すでに万軍の主の耳に達している」。叫び声といえば、カインとアベルのことを思い出す。

10 主は言われた、「あなたは何をしたのです。あなたの弟の血の声が土の中からわたしに叫んでいます。

創世記4

カインは地を世話していて、アベルは羊の世話をしていた。この二人が神にいけにえを捧げたところ、神はアベルの捧げものの方が勝っているとした。これに嫉妬したカインはアベルを殺した。神がアベルにカインの居場所を問うと、カインは知らないととぼける。しかし神は全知全能で、すでに全てを知っていた。ここでも神は、殺された弱い立場のアベルの叫ぶ声に耳を傾けている。

19 愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」と書いてあるからである。

ローマ12

神は、権力を悪用して弱い立場の人を虐げる人を嫌い、何も言えない、殺されたような弱い立場の人の声を聞いて下さる。そして、何もできない人が復讐を図らなくても、神はご自身の義によって報復して下さる。

15 主はカインに言われた、「いや、そうではない。だれでもカインを殺す者は七倍の復讐を受けるでしょう」。そして主はカインを見付ける者が、だれも彼を打ち殺すことのないように、彼に一つのしるしをつけられた。

創世記4

同時に神は、虐げる側の人間に対しても赦しの道と、そこに向かう間の守りを与えて下さる。カインは復讐によって殺されないようにしるしを付けられた。まさに神は、虐げる者に対して、虐げられるものに対して、平等に愛していて必要なものを与えて下さる。だから、弱者であっても敵を愛するというチャレンジが課せられている。

45 こうして、天にいますあなたがたの父の子となるためである。天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しくない者にも、雨を降らして下さるからである。

マタイ5

Leave a Reply

Your email address will not be published.