Categories
James

ヤコブ4:11-17

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた

11 兄弟たちよ。互に悪口を言い合ってはならない。兄弟の悪口を言ったり、自分の兄弟をさばいたりする者は、律法をそしり、律法をさばくやからである。もしあなたが律法をさばくなら、律法の実行者ではなくて、その審判者なのである。12 しかし、立法者であり審判者であるかたは、ただひとりであって、救うことも滅ぼすこともできるのである。しかるに、隣り人をさばくあなたは、いったい、何者であるか。

律法を規範として守ろうとするのは立派に見えるが、そのルールや派生する伝統的な考えに従わない人の悪口を言うことは、律法自体を裁く行為にあたる。これは教会のリーダーであっても同じ。裁きを下す前に、まず自分たちは潔白なのか?聖書に基づいて行動しているのか?しっかりと自分を吟味し、神のみこころを探った後に行動しなければならない。こう考えると、軽々と「戒規」という言葉を口にしないはず。そもそも、「立法者であり審判者であるかたは」イエス・キリストしかいない。

1 人をさばくな。自分がさばかれないためである。2 あなたがたがさばくそのさばきで、自分もさばかれ、あなたがたの量るそのはかりで、自分にも量り与えられるであろう。3 なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。4 自分の目には梁があるのに、どうして兄弟にむかって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。5 偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。

マタイ7

4 「先生、この女は姦淫の場でつかまえられました。5 モーセは律法の中で、こういう女を石で打ち殺せと命じましたが、あなたはどう思いますか」。6 彼らがそう言ったのは、イエスをためして、訴える口実を得るためであった。しかし、イエスは身をかがめて、指で地面に何か書いておられた。7 彼らが問い続けるので、イエスは身を起して彼らに言われた、「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい」。

ヨハネ8
15 むしろ、あなたがたは「主のみこころであれば、わたしは生きながらえもし、あの事この事もしよう」と言うべきである。16 ところが、あなたがたは誇り高ぶっている。このような高慢は、すべて悪である。17 人が、なすべき善を知りながら行わなければ、それは彼にとって罪である。

ルールや伝統を守るために他人を裁くのではなく、神のみこころを探り求めることが重要。作り上げたものを見て「すばらしい、これを守っていこう」と思うのは神に誇るのではなく自分の成した業に誇っている。「誇り高ぶって」いて、「このような高慢は、すべて悪である。」神のみこころを探り求める「善を知りながら行わなければ、それは彼にとって罪である。」

2 あなたがたは、この世と妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。

ローマ12

この世が推奨するようにルールを制定して、守らない人を排除する体制を作るのではなく、イエスが教えたように自分を吟味し、他人に対して心を広くして愛することを求めると、神のみこころが理解できるようになる。

Leave a Reply

Your email address will not be published.