Categories
Hebrews

ヘブル2:10~18

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた

事実、人を聖なる者となさる方も、聖なる者とされる人たちも、すべて一つの源から出ているのです。それで、イエスは彼らを兄弟と呼ぶことを恥としないで、 「わたしは、あなたの名を わたしの兄弟たちに知らせ、 集会の中であなたを賛美します」 と言い、 また、 「わたしは神に信頼します」 と言い、更にまた、 「ここに、わたしと、 神がわたしに与えてくださった子らがいます」 と言われます。 ヘブライ人への手紙 2:11‭-‬13 新共同訳

イエスが十字架にかかって罪の代価を支払ったことによって、私達の罪は赦された。罪が赦されたということは、私達は聖なる者とされ、神にとって特別な存在として取り分けられた。いわば「神の民」とされたのだが、それ以上にイエスに「兄弟」と呼ばれるようになった。ただ神の律法・ルールを守るだけの「神の民」ではなく、イエスと共に「兄弟」として歩む者とされた。かつてアダムとエバが神と自由に会話したように、私達も胸を張って神に近づくことができ (ヘブル4:16)、「アバ(パパ)、父」と呼ぶことができる (ガラテヤ4:6)。

ところで、子らは血と肉を備えているので、イエスもまた同様に、これらのものを備えられました。それは、死をつかさどる者、つまり悪魔を御自分の死によって滅ぼし、 死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放なさるためでした。 ヘブライ人への手紙 2:14‭-‬15 新共同訳

「死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった」死を恐れると他のことも恐れるようになる。迫害を受けること。組織に罰せられること。仲間はずれにされること。人にどう思われるか気にしてしまう。しかし、イエスは死を滅ぼした。私達は死を恐れる必要はない。「組織」や「仲間」はルールを重んじて人を罰する傾向にあるが、そのルールが神の意思に背いているなら神に従うしかない。それで迫害を受けたとしても、私達は神に従っていることを誇ることができる (2テモテ3:12)。迫害は受けるかもしれないが、この世の迫害よりもいずれ受ける栄光は比べ物にならない (2コリント4:17)。仲間はずれにされるかもしれないが、兄弟よりも私達と親密な関係を保ってくださるのがイエスだ (箴言18:24)。

それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。 事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。 ヘブライ人への手紙 2:17‭-‬18 新共同訳

イエスは地上で生活することによって、私達がいかに罪の影響下で苦しんでいるかを体験してくださった。だからこそ、私達のことを深く理解し、どのように助けるべきかを理解してくださっている。私達は、周りにいる弱者を理解しようとしているだろうか?彼らのいる場所に出向いて、彼らの体験していることを体験しようとしているだろうか?同じ立場に立った時に初めて、その人にとって何が本当の助けであるかを理解できる。イエスは私達に行動を通してこれを教えてくださった。

Leave a Reply

Your email address will not be published.