Categories
Ephesians

エペソ6:10~24

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた。

悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。 わたしたちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいる悪の諸霊を相手にするものなのです。 だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。 エフェソの信徒への手紙 6:11‭-‬13 新共同訳

First, he means that there is no such thing as a merely human adversary of the gospel; they don’t exist. While this world is under the sway of the evil one — “the whole world lies in the power of the evil one” (1 John 5:19) — unbelieving humans are always influenced by and in step with the devil. We don’t wrestle against mere human forces because there aren’t any.

福音に敵対するものは人間だけではない。この世は悪魔の支配下にある (1ヨハネ5:19)。不信仰な人間は常に悪魔の影響を受け、悪魔と歩調を合わせている。単なる人間の力と闘うのではない。

https://www.desiringgod.org/interviews/are-our-enemies-spiritual-human-or-both

Second, I think he mentions blood first in the pair — “we don’t wrestle against blood and flesh” — because he’s drawing our attention to the fact that this warfare is not like the ordinary battlefield warfare among people, marked by blood and gore. That’s not what he’s talking about, in other words. We don’t fight like that. It’s not a matter of chopping off arms or heads and blood and flesh. Our warfare is always fought at a level that includes the supernatural.

パウロが「血肉」で最初に血に言及しているのは、この戦いが、普通の戦場での人と人との戦いのように、血と血に彩られたものではないということに注意を向けているからだと思う・・・我々はそのような戦いはしない。腕や頭、血や肉を切り落としたりしない。私たちの戦いは、常に超自然的なものを含んだレベルで戦われる。

https://www.desiringgod.org/interviews/are-our-enemies-spiritual-human-or-both
また、救いを兜としてかぶり、霊の剣、すなわち神の言葉を取りなさい。 どのような時にも、“霊”に助けられて祈り、願い求め、すべての聖なる者たちのために、絶えず目を覚まして根気よく祈り続けなさい。 また、わたしが適切な言葉を用いて話し、福音の神秘を大胆に示すことができるように、わたしのためにも祈ってください。 エフェソの信徒への手紙 6:17‭-‬19 新共同訳

And he goes on and on, just speaking directly to us, to our minds, to our hearts, to our wills. In fact, he says, the great challenge for Christians is that we are new creatures in Christ by faith, and we need to put off the old self and put on the new self (Ephesians 4:22–24).

パウロは、ただひたすら私たちの知性に、心に、意志に直接語りかけている。実際、クリスチャンにとっての大きな課題は、私たちが信仰によってキリストにあって新しく造られた者であり、古い自分を捨てて新しい自分を身につける必要があることだと言っている(エペソ4:22-24)。

https://www.desiringgod.org/interviews/are-our-enemies-spiritual-human-or-both

So, Paul’s whole approach to helping Christians fight for holiness almost never mentions the devil. That’s not surprising, since three of the six pieces of spiritual armor are truth (Ephesians 6:14), gospel (Ephesians 6:15), and the word of God (Ephesians 6:17). And those are all things that Paul speaks directly into the human mind and the human heart. He doesn’t speak those things to the devil; he speaks them to people.
キリスト者が聖化のために戦うのを助けるためのパウロのアプローチ全体では、悪魔についてはほとんど言及されていない。霊的な武具の6つの部分のうち3つは、真理(エペソ6:14)、福音(エペソ6:15)、神の言葉(エペソ6:17)。これらはすべて、パウロが人間の知性や心に直接語りかけるもの。悪魔に向かってではなく、人に向かって語っている。

https://www.desiringgod.org/interviews/are-our-enemies-spiritual-human-or-both

この2つの考えを合わさえると

  • 人は悪魔と罪の影響を常に受けている
  • その影響の結果、自然的に罪に向かう性質がある
  • キリスト者が「敵」としているのは悪魔と罪の性質両方
  • その両者と戦うための武具は真理、正義、福音、信仰、救い、みことば
  • この内3つ(真理、福音、みことば)は悪魔ではなく人の知性や心に語りかける

Leave a Reply

Your email address will not be published.