Categories
Ephesians

エペソ4:1~16

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた。

4 主は一人、信仰は一つ、洗礼は一つ、 すべてのものの父である神は唯一であって、すべてのものの上にあり、すべてのものを通して働き、すべてのものの内におられます。 

多くの宗派があり、それぞれが主張することがある。教会の中でも考えの違いがある。ある人は良く考えず昔ながらの伝統にしがみつく。ある人は聖書を日々吟味して真理を導きだそうとする。ある人はただ流れに任せている。人は様々だが、神は唯一。すべてにおいて主権を持っている。どんな状況であっても、どんな弱さを抱えている人でも、神はすべてのものを通して働かれる。そして、キリスト者全員の内に聖霊が宿っているので内部から突き動かしてくださる。その導きに身を委ねられるか?

7 しかし、わたしたち一人一人に、キリストの賜物のはかりに従って、恵みが与えられています。 そこで、 「高い所に昇るとき、捕らわれ人を連れて行き、 人々に賜物を分け与えられた」 と言われています。 「昇った」というのですから、低い所、地上に降りておられたのではないでしょうか。 この降りて来られた方が、すべてのものを満たすために、もろもろの天よりも更に高く昇られたのです。

「高い所に昇るとき、捕らわれ人を連れて行き、 人々に賜物を分け与えられた」は詩編68を引用している。旧約で神が宿っていた契約の箱が先頭を進み、敵に打ち勝ったあかつきに、バシャン山に上り契約の箱を永住させ、神はそこから地を支配する。バシャン山に上る際に打ち勝った敵を捕虜として引き連れて、勝利を広く知らせる。また、神の支配の恩恵をイスラエルの民は約束の地に住むことによって受ける。

同じようにキリストは罪と死、悪魔と悪霊に打ち勝ち、天の御座に付くことによって支配する。「捕らわれ人」は打ち勝った相手(罪と死、悪魔と悪霊)。天に上ることによってキリストは聖霊をキリスト者に与え、神との直接対話、聖霊による聖書の理解、聖化のプロセスが可能になった。これらの恩恵は「わたしたち一人一人に」与えられていて、教会組織や一定の聖職者から受ける必要はない。「キリストの賜物」である。

Leave a Reply

Your email address will not be published.