Categories
Ephesians

エペソ2:1~10

Discipleship Journal Reading Planに沿ってデーボションを勧め、思ったこと、感じたことを書いてみた。

1 さて、あなたがたは、以前は自分の過ちと罪のために死んでいたのです。3 わたしたちも皆、こういう者たちの中にいて、以前は肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動していたのであり、ほかの人々と同じように、生まれながら神の怒りを受けるべき者でした。

私達は生まれながら善い人間として生まれてこない。誰も小さな子供にいたずらや嘘をつくことを教える必要ないのと同じように、自然体のワタシたちは「肉の欲望の赴くままに生活し、肉や心の欲するままに行動」する。自然体として神のことは意識せず、他人を思っての行動も自分の立場や見られ方を気にしながら行動する。

(Total Depravity = 全的堕落)
ちなみに、全的堕落を受け入れているのはカルヴァン主義だけではなく、アルミニウス主義も受け入れている。

4 しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、5 罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、――あなたがたの救われたのは恵みによるのです――

私達は生まれながら「死んでいる」状態でいた。自分のためだけに生き、自分を守るための行動しかしていなかった。そもそも、生まれた時からこんな状態なので、私達を裁くのはフェアではないのではないか?確かに、罪はアダムから受け継がれているから(ローマ5:12)私達もその影響を受けている。しかし同箇所に、「すべての人が罪を犯した」とある。生まれながらの状態が原因かもしれないが、それでも罪を犯すことに代わりはない。そんな状態だからこそ、「哀れみ豊か」な神は私達を愛してくださり、イエス・キリストと共に「生きる」状態へと変えて下さった。

6 キリスト・イエスによって共に復活させ、共に天の王座に着かせてくださいました。7 こうして、神は、キリスト・イエスにおいてわたしたちにお示しになった慈しみにより、その限りなく豊かな恵みを、来るべき世に現そうとされたのです。

「生きる」状態にするだけでなく、「天の王座に着かせてくださった」。地上でどのような立場であろうと、どんなに人に虐げられようと、拒絶されようと、私達はキリストの隣に席が用意されている。神による私達の価値はそれほど大きく、私達もその立場に自信を持つことができる。人の目を気にし、人に認めてもらう必要は全く無い。キリストによって、私達は神に認められた者なのだから。これが神が与える「限りなく豊かな恵み」。

8 事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。
9 行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。

「愛して下さり」「共に生かし」「共に復活させ」「神の賜物」 すべて神が成したこと。私達は何も誇ることはできない。いくら信仰問答の知識を詰め込んでも、正しい答えを言うことができても、神が救いを与えなければその人は救われていない。逆に、神が救いを与えればその人は変えられる。知識や正しい答えが最初は備わっていなくても、その人のモチベーションや生き方に現れている。教会として洗礼を授ける、教会員として受け入れる、という場面において、知識や答え重視ではなく、その人を良く知り、その人がどのような生き方をしようとしているかがメインの判断ポイントとなるべき。

(Irresistible Grace = 負荷抵抗的恩恵)

Leave a Reply

Your email address will not be published.