なぜキイエスを信じるべきなのか?

1:10 またこう言われました。「主よ。あなたははじめに地の基を据えられました。天も、あなたの御手のわざです。
11 これらのものは滅びます。しかし、あなたはいつまでもながらえられます。すべてのものは、衣のようにすり切れます。 14 御使いはみな、奉仕する霊であって、救いを受け継ぐことになる人々に仕えるために遣わされているのではありませんか。

へブル1:6~14

へブル人への手紙の著者は一章で、イエスが天使より勝っていることを綴っています。天使たちはイエスにひれ伏し、仕える者たちとされました。(6節) その一つの理由は、イエスが天と地を創造した方だからです。創世記で見られるように、創造された世界は「とても良い」物でした。しかし、罪のせいで地は呪われ、滅びるものとなってしまいました。それでもイエスはいつまでもこの世を治める者とされています。(11節) この世はいずれ無くなり新しい天と地が創られますが、イエスは今も今後も治める方として神の「右の座に着いて」います。(13節) この世と天使たちを治めているイエスは、イエスの救いを信じた人々に天使を仕わします。(14節) イエスは罪の代価を払って下さっただけでなく、救われた後も私たちを保って下さっています。それほどまでイエスは私たちを愛して下さり、同じ相続人として尊厳を与えて下さいます。

私たちが生きる世界は一時的なものです。仕事の苦労も、人間関係の難しさも、子育ての大変さも、今だけのことです。イエスはいつまでも変わらず治めて下さるので、私たちは安心して新たな天と地を待ち望むことができます。(10-11節) 日ごろの問題に焦点を当てるのではなく、イエスが与える希望を思い起こしましょう。主の祈りにあるように、「御国を来たらせたまえ」と願うとき、私たちは世の中の思い煩いから解き放たれ、神に信頼することを覚えます。また困難が続いたとしても、神はスズメ以上に私たちを思って下さっているのだから、恐れる必要はありません。(マタイ10:31) それを証拠に、イエスは天使たちを仕わして私たちを保って下っています。(14節) ですから、神の業に期待しながらこの世の苦難を乗り切りましょう。

  • イエスはどのように天使より勝っていますか?イエスの権威は私たちにどのような影響がありますか?
  • イエスは天使たちを通して、どのように私たちを助けますか?実際に助けられたエピソードがあれば、分かち合いましょう。
  • 日ごろの問題に焦点を当てがちですか?困難にあった時、御国の希望を思い起こしたことはありますか?どのように考えが変わりましたか?
  • 困難が深刻過ぎて、神を忘れたことはありませんか?すべてを完璧にこなせなくても、神が成して下さることを信頼するとどのように働き方や人生が変わると思いますか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *